2001年度 夏の全国大会、上智大学の総評

1回戦 ○ 31-1 vs姫路工業大
2回戦 ○ 8X-7 vs椙山女学園大
3回戦 ● 8-9X vs日体大短大
 

 
 夏になると、汗と涙の結晶に包まれる町、魚津。ここでは毎年、数々のドラマが待ち受けている。一球にかける想いが、時には歓喜を呼び、また時には涙を誘う。わがマミューズは、4強入りという目標を掲げ、この魚津に乗り込んだ。そして来たる8月25日、闘いの火蓋は切って落とされた。
 初戦の対戦相手は姫路工大。場数の少ない未熟な相手投手を攻め立て、初回、二回とともに二桁得点をあげる。4回で30点という大差をつけ、コールド勝ち。力の差を見せ付け、幸先のいいスタートを切った。
 続く二回戦は椙山との戦い。立ち上がりからリズムがつかめず苦しい展開に。気が付けば7−0と大きなビハインドを背負っていた。試合は決まったかのように思われたが、マミューズの勝利に対する執念が奇跡を起こした。3回裏、相手のミスを利用して4点を返すと、最終回となった5回にドラマは起こる。相手投手の制球難につけこんで、2死満塁のチャンスを作ると、ここで打席に立った染谷(2年)が見事に右中間を破る2点タイムリーヒットを放ち、1点差に詰め寄る。さらに続く田川(4年)がレフトオーバーのツーベースヒットを放って、わがマミューズが劇的なサヨナラ勝利を挙げた。
 四強を賭けた準々決勝の相手は強豪・日体短。前日の勢いをそのままに、前半は、4回まで毎回の8得点を挙げる上智ペースの試合展開。しかし、強豪・日体短の底力もやはり侮れない。3回から逆に毎回失点を許し、1点リードで迎えた最終回。1死二、三塁のピンチにスクイズを敢行されると、勝ち焦ったか内野陣が乱れて二塁走者まで帰してしまい、サヨナラ負け。悔やまれる1戦となった。
 こうして、当初の目標であった4強入りを惜しくも逃してしまったが、計り知れないほど大きな収穫を得ることができた大会であったことに違いない。  


Go To Photos→


Copyright(C) Sophia MAMUES All Rights Reserved.